ブログ
 

2021年 浜下りは4月14日(水)
ブログ2021.04.03

このエントリーをはてなブックマークに追加

浜下浜下り(はまおり/はまうり)とは?

浜下りの旧暦3月3日は、一年で一番干潮の大潮の日です。

沖縄の行事ごとは旧暦で行われ、旧暦の3月3日は浜下り(はまおり/はまうり)という伝統行事が行われる日です!

浜下りをミャークフツ(宮古方言)では、サニツと呼びます。

「女の節句」とも言われ、女性達は浜に下りて手足を海水にひたして身を清め、潮干狩りなどを楽しむ行事として、この時期、お弁当を持って家族皆で出かけた事を思い出します。

アカマター伝説について

旧3月3日の浜下りの日に浜へ下りて身を清めるのは、沖縄に伝わる「アカマター伝説」に由来すると言われています。『昔、ひとりの美しい娘のもとへ、若い男が毎晩忍び込んでいました。不審に思った母親があとを追ってみると、その男はアカマター(蛇)の化身でした。母親がいることに気付かず、そのアカマターは巣に戻り、娘が白砂を踏むとけがれのない体に戻ることを仲間に話します。それを聞いた母親は大急ぎで娘に浜下りをさせて、元のけがれのない体に戻しました』という話です。

「まん延防止等重点措置」を適用することが12日から決定され、GW 孫達と海にでもと考えていますしたが。。。きびしいですかね!

故郷 宮古島の海です。 1年以上も帰省していません。

pageTop